生活費の補助





生活費の補助・支援貸付は「総合支援資金貸付」


「生活費が足りない!」
こういうこと、多くの方が経験しています。

多くの方は生活費が足りなくなると、節制し、場合によっては親兄弟を頼るものですが、そうしたことができない場合、公的な支援金貸付制度を利用するのが賢い選択です。
生活費の支援、補助を目的とした貸付制度としては、総合支援資金貸付制度というものがあります。
これは生活福祉資金貸付という国の制度の中の一つなんですが、日々の生活にも困っている方を対象に、当面の生活費などを貸付、経済的な自立を補助していく制度です。
金銭的な貸付制度と生活を自立させるための相談などがセットになっていて、名目としては、生活支援費、住居入居費、一時生活再建費などがあります。

基本的に連帯保証人が必要となるんですが、保証人がいなくても若干の金利を支払いさえすれば、保証人なしでも貸付を受けることができます。
(保証人がいない場合の貸付利息は1.5%です。これでもかなり激安利息です。)

総合支援貸付の種類


総合支援資金貸付制度には以下の3つの種類があります。
1.生活支援費
生活の経済的な自立を目的に、生活再建にかかる費用を最大で12ヶ月間貸し付けてくれる制度です。貸付限度額は二人以上の世帯だと月に最大で20万円、単身世帯でも最大で15万円となっています。

・住居入居費
住居の入居に必要となる経費・・・礼金、敷金などを最大で40万円まで貸し付けてくれます。

・一時生活再建費
就職する、転職する、こういった場合の資格取得費用や、生活費が足らずに公共料金を滞納してしまっている場合にはその金額分や、多重債務者の場合に債務整理をするために必要となる経費などを最大で60万円まで貸し付けてくれます。

総合支援資金貸付の申し込み窓口


総合支援資金貸付の申し込み窓口は、各市町村の社会福祉協議会となっています。検討したい場合はそちらにお問合わせください。



公的補助ではないけど持っておくと安心なローンカード


民間の銀行などが展開しているカードローンも中には非常に低金利でお金を調達できるものもあります。
基本的に生活費補助などは公的な補助制度を頼るのが原則ですが、公的な制度だと何かと条件がついてしまうのも現実です。民間銀行のカードローンなら資金使途は原則自由で融資枠内なら何度でも繰り返し使えるというメリットもあります。すぐには使わなくても1枚持っておくと非常時には心強い味方となってくれる場合もあります。

三菱東京UFJ銀行カードローン


通称バンクイックとも呼ばれているカードローンです。三菱東京UFJ銀行という大銀行ならではの低金利で融資限度額は最高で500万円です。
インターネットなら、今すぐ日本全国から申し込みが可能です。
>>貸付条件を確認してみる




住信SBIネット銀行カードローン


こちらはネット銀行になります。低金利という点では国内にライバルはなしというくらいに低金利カードローンとして名前が通っています。
>>貸付条件を確認してみる


楽天銀行スーパーローン


こちらもネット銀行になります。あの楽天グループの銀行ということで、金利はもちろん、楽天スーパーポイントと絡めた企画が実施されており、人気となっています。使い勝手の良さが評判です。
>>貸付条件を確認してみる



 

 

 

リンク集

-PR-
家に居ながらお金が稼げる!在宅の仕事なら文章買取netがおすすめです。募集は断続的ですので、継続してチェックしましょう。
生活費などのお金を借りる方法netなら断然銀行のカードローンがおすすめです。低金利で高額融資枠をもらえる場合もあります。
銀行以外にも大手消費者金融であれば個人向けローンが各種ご利用いただけます。審査もスピーディで金利も低く、おすすめです。
FX特徴